都市銀行の特徴

支店が全国各地にあるため金銭の管理がしやすい

都市銀行で法人口座を開設する場合には、全国各地の支店で入出金や振り込みなどの取引ができるという大きな利点があります。また、少額の手数料で海外への振り込みに対応している銀行も多くあり、グローバル企業で事業を展開している経営者に選ばれる傾向が見られます。最近では、法人口座を開設してから事業用の融資を受ける経営者の数が増えていますが、一度に高額な融資が可能な都市銀行を選択することで、設備投資や従業員の採用、広告活動など様々な場面でスムーズに手続きを取ることが可能です。なお、銀行によって口座の開設者に対するサポートが異なるため、将来の事業の展開を想定しながら使い勝手が良い銀行を見極めることが重要です。

審査が厳しく口座開設までに少し時間が必要になることもある

都市銀行の口座開設の審査は、資本金や事業内容、過去数年間の収支の状況などが厳しく確認されるケースが多くなっています。例えば、事業を開始して間もない企業は、審査の際に提出が必要となる書類の数が多くなったり、口座開設までに一週間を超える期間が掛かったりすることもあります。そうした中、効率良く口座開設の手続きを進めたい場合は、審査に申込をする前に、都市銀行の法人向けの専用の窓口を訪れて担当者に審査に関するアドバイスをもらうことがおすすめです。また、ネット上で一部の審査手続きを行える都市銀行もあるため、すぐに店頭へ出向くことが難しい場合は、余裕を持っていくつかの都市銀行の審査のシステムについて理解をすることが大切です。