法人口座の作り方

マスト~必要な書類~

法人口座を開設する時には、複数の書類が必要となります。金融機関によって必要とされている書類は異なりますが、一般的に必要となる書類を理解して開設に備えましょう。多くの場合最も必要とされているのが登記…

ポイント~注意点~

会社を設立して事業を開始しようという場合に、まず必要となるのが銀行口座です。個人で口座を開設する場合と異なり、法人口座は特有の手続があるので、あらかじめポイントを押さえておかないとスムーズに口座開…

法人口座開設のメリットとは?

会社を設立した時に、法人口座を開設することをおすすめします。開設することで色々なメリットがあります。例えば、社会的信用が高まったり、円滑な経理業務、法人名義のクレジットカードが使えるなどがあります。

チェック~ここが見られている~

会社としての実体があるか

法人口座と一般口座の違いは多岐にわたりますが、根本的な違いとして開設審査のあるなしということが挙げられます。法人口座は会社であれば必ず開設できるとは限らず、いくつかのハードルをクリアしてようやく認められるのです。では、開設を申し込んだとき、銀行にどういった点をチェックされるのでしょうか。 まず、一番のポイントは法人としての実体が存在しているかということでしょう。たとえば、法人口座ってなんとなくかっこいいので持ちたいという人が、勝手に会社をでっち上げて法人口座を開設できるかというと、それは不可能です。もし、この流れで開設できてしまったら法人口座への信頼はほとんどゼロということになってしまいます。したがって、必ず登記に関する書類や会社の印鑑登録書などを提出しなければなりません。

会社としての売り上げが発生しているか

会社の実体のあるなしを見られるということは、口座開設を申し込んだ段階で既に会社としての売り上げが存在するのかというのもチェックされるということです。法人口座の申し込みを断られるパターンとして、会社の運営実績がないというのがあります。つまり、起業したばかりのときに口座を申し込むのはかなり不利なのです。したがって、とりあえず一年目ぐらいは個人の口座でなんとかして、運営実績ができたら同じ銀行の法人口座に申し込んでみるといいでしょう。 一つ注意したいのは、個人口座であまりにも多くのやりとりを行うと銀行から不正利用の疑いをかけられることがあるという点です。その場合、なんの予告もなく一時的に口座を凍結されるかもしれません。

開設できる銀行

都市銀行の特徴

都市銀行で法人口座を開設する場合には、全国各地の支店で入出金や振り込みなどの取引ができるという大きな利点があります。また、少額の手数料で海外への振り込みに対応している銀行も多くあり、グローバル企業…

地方銀行の特徴

法人口座は地方銀行でも開設できます。では、地方銀行の特徴にはどういったものが挙げられるでしょうか。まず、都市銀行と比べると利用できるATMの数は多くありません。さらに、無料でお金を引き出せるATM…

ネット銀行の特徴

法人口座はネット銀行でも開設することができます。では、ネット銀行の特徴としてどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、店舗を実店舗を持たないためにネットを通じて開設の申し込みを行うというものがあ…